転職

賃貸不動産経営管理士おすすめの転職サイト5選、年収や資格手当は?

転職

国家資格となり、ますます注目を集めている賃貸不動産経営管理士ですが、今回のテーマは転職事情。

宅地建物取引士は、どの求人媒体においても、非常にメジャーな扱いとして掲載されていますが、2021年から国家資格となった賃貸不動産経営管理士はどうでしょうか?平均年収や資格手当気など気になりますよね?

この記事では、賃貸経営管理士の求人情報や年収、資格手当などについて紹介することに加え、不動産業界で転職する際に、重要なポイントもあわせて紹介していきます。

賃貸不動産経営管理士の主な仕事

賃貸不動産経営管理士は、賃貸マンションを管理するスペシャリストです。業務内容は以前の記事で紹介していますが、以下が主な業務内容になります。

入居者の募集業務
入居者からのクレーム対応
原状回復工事
賃料等の入金管理
空き家活用
大規模修繕計画
賃貸不動産全般に関わるコンサルティング業務

そして、賃貸不動産経営管理士に最も期待されている仕事として、賃貸住宅の管理に関する(マスターリース契約)重要事項説明賃貸住宅受託契約書の作成及び記名・押印などがあります

これは、賃貸不動産経営管理士の独占業務ではないものの、管理のスペシャリストとして、賃貸不動産経営管理士が積極的に担っていくべき仕事だと期待されています。

不動産業における賃貸不動産経営管理士の役割

幅広い不動産業の中で、賃貸不動産経営管理士は不動産鑑定士や宅地建物取引士のように独占業務はありませんが、管理業務のエキスパートとして幅広い分野で活躍することが期待されています。

また、賃貸仲介や売買仲介の際にも、管理に関する知識が豊富であれば、お客様に対し物件の管理状況や修繕に関する説明を、より高度化して話すことができます。

さらに、不動産投資や不動産開発するうえでも、収益化をはかるうえで、維持・管理という業務は絶対に外すことはできません。不動産は建てて終わり・取得して終わりではなく、その後をどうするか?といったところも非常に重要なポイントとなるからです。

その際には、賃貸不動産経営管理士がその知識を生かしてアドバイスすることが十分に可能となります。

管理業務のエキスパートとして幅広い分野で活躍することが期待されている

賃貸や売買仲介の際にも、内容をより高度化して説明することができる

どんな会社が賃貸不動産経営管理士を求めている?

不動産管理会社 最も需要が高いのが不動産管理会社。特に大手管理会社は、目下自社の社員も含め、賃貸不動産経営管理士の確保が最優先となっている。資格保有者の採用枠を拡大していることに加え、資格保有手当を出している会社も見受けられる
不動産投資会社 自社で保有している物件を管理するために、管理会社と同じく賃貸不動産経営管理士の確保が急がれている
不動産賃貸会社 賃貸を専門としている会社においても、自社で200戸以上管理しているところもあり需要拡大にある。また、管理していない会社においても、賃貸管理の知識を持っている賃貸不動産経営管理士を優遇する不動産会社もある
不動産売買会社 不動産売買の案内や契約時に、しばしば賃貸不動産の管理に関する知識が必要となり、不動産売買を専門とする会社においても、賃貸不動産経営管理士の資格取得を推奨している会社が見受けられる
不動産デベロッパー デベロッパーの中でも、特に賃貸不動産を開発する不動産会社において、賃貸不動産経営管理士の資格取得を推奨している会社が多い

賃貸不動産経営管理士は、独占業務こそないものの、幅広く活躍できる資格として、不動産業界においてもいろいろな職種で重宝されるといえるでしょう。

近年は、投資会社や開発会社においても自社物件を管理する目的で、自社の社員を賃貸不動産経営管理士の資格を取得することで資格手当を出したり、外部から賃貸不動産経営管理士の資格を保有している人材を積極的に採用するなど、活躍する場が一気に拡大しています。

・「賃貸不動産経営管理士」の求人は、不動産管理会社や賃貸仲介業者が多い

・大手管理会社と中小管理会社の募集条件ではけっこう差がある 

賃貸不動産経営管理士のおすすめ転職エージェント

賃貸不動産経営管理士は2021年から国家資格となりましたが、すでに多くの媒体で求人情報を扱っています。

誰でも知っている大手求人会社から、近年急激に成長しているのが、不動産を専門に扱う転職支援会社です。

以下賃貸不動産経営管理士の求人を扱っているおすすめの転職サイトです。

①宅建Jobエージェント 不動産業界に特化した専門求人サービス
②RSG Real-Estate Agent 不動産業界に特化した転職エージェント
③リアルエステートWORKS 不動産業界に特化した転職エージェント
④doda(デューダ) 求人数や会員数において国内トップクラスを誇る大手転職求人サイト
⑤ビズリーチ ハイクラス転職に特化したヘッドハンティング型転職サイト

また、不動産業界でも最も受験者数が多く、最も重要視されている宅地建物取引士についても同じく扱っています。宅建士については別記事でまとめているのでぜひ参考にしてみてください。宅地建物取引士のおすすめ転職エージェント5選、年収や資格手当は?

不動産業界に特化した転職エージェント


①宅建jobエージェント

宅建Jobエージェント』は不動産を専門に扱う転職サイトで、大手不動産会社とも提携し、不動産に関しては豊富な求人募集を扱う会社です。

特徴は、登録後しっかりと電話ヒアリングしてくることで、初回登録後の電話面談では、20分以上かけて今の状況を詳細にヒアリングしてくれます。

そして、職歴や希望条件に応じて、その近しい求人情報をピンポイントで送ってくれるところが宅建jobエージェントの強みです。

ですので、面談の際はできるだけ詳細に、応募条件をエージェントに伝えることが重要なポイントとなります。

なお、サイト名は「宅建jobエージェント」ですが、賃貸不動産経営管理士関連の求人も数多く扱っているので、見ておきたい転職サイトの一つです。

・『宅建Jobエージェント』は不動産を専門に扱い、不動産関連の求人が多い

・面談の際は、応募条件をできるだけ詳細にエージェントに伝えることが重要

宅建jobエージェントでの賃貸不動産経営管理士の求人は?

宅建Jobエージェントには不動産に関連する求人情報が多数記載されています。

求人情報を見るためには、個人情報を登録する必要がありますが、無料で登録できます。

求人検索で賃貸不動産経営管理士と入力すると、首都圏や大阪、福岡などで賃貸不動産経営管理士関連の求人がでてきます。

ただ、賃貸不動産経営管理士を特定した求人というのは実は少なく、不動産売買や賃貸の営業、用地仕入れなどの求人などに付随して、賃貸不動産経営管理士の有資格者を募集しているといった形です。

なお、これはdodaビズリーチといった大手転職サイトにおいても同じです。現状はあくまで付随した募集方法が多いです。

理由としては、2022年1月現時点では賃貸不動産経営管理士は宅地建物取引士のように独占業務がまだ確立されていないため、不動産会社にとっても絶対必須資格にはなっていないからです。

・求人情報を見るためには、個人情報を登録する必要ですが、無料で登録できる

・現状ピンポイントで賃貸不動産経営管理士を募集する求人は少ない

不動産業界で働きたい方に!【宅建Jobエージェント】

②RSG Real-Estate Agent

紹介するのは不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】です。RSGの特徴は以下の通り。

業界に精通したプロが対応 エージェントは業界出身のキャリアコンサルタントばかりです。
年収1.2倍〜1.5倍UPが目標 基本的に年収600万円〜1000万円超えの案件をよくもっています。
充実した転職サポート 職務経歴書・履歴書の添削、面接対策、独自に調査分析した業界・企業情報の提供など、 転職サポートが充実しています。
独自の求人案件多数保有 非公開求人は、独自入手の案件を多数もっており、好条件の求人に出会える可能性が高いです。

不動産業界の転職エージェントとして賃貸不動産経営管理士の仕事も多く扱っています。

 

不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】

③リアルエステートWORKS

次に紹介するのは、不動産業界特化型転職エージェント【リアルエステートWORKS】です。

規模は小さいですが、不動産業界の特化型転職エージェントとして独自の求人情報を持っています。

リアルエステートWORKSの強みは、不動産に関する専門性の高いスタッフが在籍しており、総合型の転職エージェントと比較して、より短い時間で的確な求人情報を届けることにあります。

また、不動産業界におけるハイクラスの求人を多数扱っていることも強みの一つです。特に、キャリアアップを図りたい方には、年収1,000万円以上の情報源を広げるためにも、ぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

賃貸不動産経営管理士の情報についても豊富に扱っています。

 

リアルエステートWORKSに無料登録してみる

大手転職エージェント

④doda(デューダ)

dodaは、求人数や会員数において国内トップクラスを誇る大手転職求人サイトです。さすがに国内トップクラスとあって、扱っている不動産の求人数も中小とは比べ物になりません。

また、求人内容もブランド系の大手不動産会社から中堅・中小とさまざまです。まさに自身の希望や能力に応じて、数多くの求人から選ぶことができます。

大手ですので、扱っている案件も多い反面、不動産業界についてほとんど携わったことのない担当者がつくこともあるので、職種や希望条件を伝える際は気を付けましょう。

⑤ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス人材にターゲットを絞った転職サイトです。扱っている求人は管理職で年収の高い求人がズラリと揃っていますが、一般の求人もかなり豊富にそろっています。

ビズリーチのサイトに学歴や経歴を登録しておくことで、企業の方からも逆オファーが届いたりするので、転職サイトとしておすすめです。

賃貸不動産経営管理士は比較的安定している条件面ですが、その中でもがっぽり儲けたいという方はビズリーチに登録し、大手不動産会社や投資会社の管理部門に転職するのがよいでしょう。

気になる年収は?

宅建Jobエージェントやdoda、ビズリーチなどの転職サイトの情報をまとめると、年収は職種によってかなりばらつきがあります。

営業職の管理職では、年収600万円~700万円のものもあれば、事務職であれば300-400万円といった形で幅広い求人内容となっています。

一番近い例としては、大手不動産管理会社が首都圏や近畿圏で安定的に賃貸不動産の管理業務を募集しており、それが400万円~550万円で募集されています。

正直、それほど高い数字ではないですが、土日・祝日が休みで、一般的な企業と同じような勤務形態、そして管理業務は業績も安定しているので、管理業はけっこう人気の高い職種となっています。

なお、2022年3月25日に厚生労働省が発表した統計によると、2021年の全産業の平均月収は

賃貸不動産経営管理士の年収は職種によってかなりばらつきがある

大手管理会社の年収が400万円~550万円(管理職手当がつくともっと多くなる)

あわせて気になる資格手当は?

賃貸不動産経営管理士の資格手当は、全部の会社ではないものの、多くの不動産会社が資格手当を付与しています。

金額は3,000円~20,000円とけっこうばらつきがあります。なお、宅建よりは少し低めに設定しているとろこが多いです

また、宅建と賃貸不動産経営管理士の両方の資格手当を出している企業も多く見受けられ、合わせるとけっこう大きな数字になるので、資格取得へのモチベーション向上に力を入れている会社が多いこともわかりました。

多くの不動産会社が資格手当を付与している

資格手当は、3,000円~20,000円とけっこうばらつきがある

宅建と賃管士の両方の資格手当を出している企業も多く見受けられる

まとめ

この記事では賃貸不動産経営管理士の転職事情について紹介しました。

賃貸不動産経営管理士は、年収はそれほど高くないものの、不動産業界の中では珍しく土日・祝日が休みで、また安定して長期間働けるということもあり、不動産管理業界では比較的人気のある職種です。

そんな賃貸不動産経営管理士については、おすすめの転職サイト5選をあわせて紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、資格取得に関しては、携帯のアプリによる勉強方法や、確実に取得するためにもおすすめの通信教育についての記事もアップしているので、そちらも合わせてご覧ください☆

【資格】賃貸不動産経営管理士のおすすめアプリ、みんなの評価・点数・勉強方法
【不動産資格】宅建の次に人気な賃貸不動産経営管理士、おすすめの通信教育3選